日東電機産業株式会社|会社案内

ご挨拶

近年、スマートフォンやタブレットPCなどの普及とともにますますデジタル社会へと進んでいます。
私たちの社会、家庭においても急速に変わりつつあります。
コンピューターを中心とした音声・映像・情報機器を利用としたシステムが、益々利用される時期が到来いたしました。

弊社は、情報機器・通信システム機器の販売を通じて社会的使命を達成する経営理念の基に、今日まで教育市場、公共施設、一般市場、アミューズメント等お得意様のご指導・お引立てを賜りつつ、特にシステムインテグレータスタッフの強化充実を図って参りました。
弊社のコンセプトはお得意様各位の要望にお応えしながらコンサルティグから設計・施工・コンピュータソフトウエアサポート・メンテナンス等まであらゆるシーンに、多彩なインテグレーションシステムを提供致して居ります。

弊社の誓いである 『いのちをかけ感謝の心で顧客に尽くす』 をモットーとして、お客様より愛され、満足され、信頼され、いささかでも社会文化の発展に貢献できる会社として更に努力を重ねる所存で有ります。
今後とも倍旧のお引き立て賜りますよう、心からお願い申し上げます。

代表取締役社長   吉田 稔

会社概要

商         号 日東電機産業株式会社
資   本   金 50,000,000円
代表取締役 社長 吉田 稔
創         業 昭和25年 2月 4日
設         立 昭和38年10月21日
役         員
代表取締役社長
吉田 稔
取締役副社長
湊元 義孝
取締役
吉田 久美子
監査役
塚元 洋治
主たる仕入得意先 パナソニック株式会社
パナソニックシステムネットワークス株式会社
TOA株式会社
株式会社JVCケンウッド
シャープ株式会社
DXアンテナ株式会社
マスプロ電工株式会社
アイホン株式会社
パイオニア株式会社
キャノンマーケティング
従   業   員 合  計  32名(2014年11月現在)
勤務時間 8時30分から17時(休憩12時から12時45分)
休         日 週休2日制 夏季休暇及び年末年始(上期末、下期末の土曜日が出勤日の場合有り)
取引銀行
三井住友銀行
難波支店
永和信用金庫
本店営業部
りそな銀行
難波支店
三菱東京UFJ銀行
大阪恵美須支店
みずほ銀行
難波支店
池田泉州銀行
難波支店
建設業の登録 大阪府知事許可  電気通信工事業
消防施設工事業

会社沿革

昭和25年 2月
(1950年)
電化時代の草創期に創業者、吉田公三が現在地にて日東電気商会を創業し、旧松下電器産業株式会社の製品を主体として家庭電化製品販売並に電気工事事業として発足する
昭和35年11月
(1960年)
旧松下電器産業株式会社より当社の経営理念及び技術力・バイタリティーを評価、嘱望されて文教市場に対する放送設備営業開発活動を開始する
昭和38年10月
(1963年)
産業・教育用視聴覚機器市場の特殊性、将来性に鑑み、放送・音響設備等の音響機器営業部を分離独立し、新たに日東音響精機株式会社(資本金150万円払込済)を設立し、いささかでも教育産業に寄与せんとの社会的使命感に徹する会社経営理念を確立する
昭和44年11月
(1969年)
旧松下電器産業株式会社大阪特機営業所と視聴覚機器代理店契約
昭和47年10月
(1972年)
奈良県橿原市に奈良営業所を新設し、奈良地区市場の営業活動開始
昭和50年 4月
(1975年)
尼崎市に阪神営業所を新設し、兵庫県並に大阪府北摂地区既存市場に密着した営業活動を展開し、地元お得意様より便利性と信頼性を更に倍増する
昭和51年 2月
(1976年)
大阪府泉北郡忠岡町に泉州営業所を新設し、泉州地区に密着した営業活動を展開し地元お得意様より便利性と信頼性を更に倍増する
昭和52年 6月
(1977年)
当社オリジナル機器の開発制作に成功し、松下グループの全国通信特機会社経由各地著名物件納入に貢献
昭和52年10月
(1977年)
パナソニック株式会社、ステレオ事業部電子楽器工場・録音機事業部・テレビ事業部・ビデオ事業部・松下電器貿易株式会社輸出部等よりオリジナル製品の設計、開発、制作を受注し、納入・設置に成功し、当社技術陣の信頼性を更に高めた
昭和54年10月
(1979年)
大阪市浪速区日本橋5丁目1番地3号地上に鉄筋5階建ての本社ビル竣工する
昭和56年 4月
(1981年)
パーソナルコンピューターラボラトリーシステム(P.C.L)を開発納入に成功し、コンピューター教育市場に大反響起こる
昭和58年10月
(1983年)
会社創立20周年記念式典挙行、社内O.A化を推進
平成2年11月
(1990年)
代表取締役社長に吉田 稔 就任する
平成3年11月
(1991年)
マルチメディア、ネットワーク時代に対応する為ニットウグループとして社会貢献をめざす事を目的に海外部門を分社化、メディアシステムとして発足吉田公三がグループ会長に就任
平成8年〜12年(1996〜2000年) 関西のプロジェクト件名をパナソニック株式会社と共に多数共同推進
大阪ドーム、長居競技場、ユニバーサルスタジオジャパンに参画、当社技術の信頼性を大きく高めた
平成12年
(2000年)
能力重視の考えで能力給へ給与体系改正、組織名を更なる飛躍する為にセンター制導入
平成15年
(2003年)
映像配信システムをNTTと共に長堀クリスタへ企画納入
国体に情報案内システムとして運用参画する
ITおよびデジタル化に対応するためSI人員補強
平成16年
(2004年)
図書館デジタルライブラリー視聴システムを当社にてソフト開発、製作し納入する
執行役員制度導入
社内コンピューターシステムを更新
平成18年
(2006年)
当社開発映像配信システムTOインフォ−システム
奈良教育大学、関西鍼灸短期大学、近畿大学、関西創価高校に納入
平成22年
(2010年)
当社開発商品TOインフォ遠隔対応システムを高速道路サービスエリアに納入
平成23年
(2011年)
病院透析ベッド用13型テレビアーム式デジタルテレビ発売
平成23年
(2011年)
グループ会社 潟eクニカルニットウ、潟Gディウス 当初の独立会社として目的達成し、方向性が違うため日東グループ会社より分離
平成24年
(2012年)
自社開発システムの『図書館AVライブラリーシステム』が、ユーザー毎にソリューション・カスタマイズ対応が認められ、問い合わせが広がる
『透析室向テレビアーム』の名称で、販売代理店契約し当社取扱機器として拡販する
平成25年 7月
(2013年)
設立50周年を記念し社業発展を願い社章を変更する
『緊急情報ネットワーク表示システム』開発、製造元イー・ダブリュ・エス株式会社と販売代理店契約を締結
平成26年11月
(2014年)
ホームページのリニューアル化

営業拠点

本部 〒556-0005 大阪市浪速区日本橋5丁目1番3号
TEL:06-6634-2773 /FAX:06-6634-3793
エデュケーションセンター 〒556-0005 大阪市浪速区日本橋5丁目1番3号
マーケティングユニット  : TEL:06-6631-5525 /FAX:06-6643-0989
デベロップメントユニット : TEL:06-6631-5526 /FAX:06-6631-3397
ソリューションユニット    : TEL:06-6631-2577 /FAX:06-6631-3397
ビジネスシステムセンター 〒596-0811 岸和田市下池田町1丁目10番8号
TEL:072-444-0012 /FAX:072-445-1445
映像・音響・ネットワーク機器、システムソリューションから、現場施工、保守までお客様のニーズに沿ったトータルソリューション
日東電機産業株式会社|本社

Googleマップで見る
電車:地下鉄堺筋線 恵美須町駅1A出口より 徒歩約5分
車:阪神高速環状線 夕陽丘出口より 約3分

日東電機産業株式会社|ビジネスシステムセンター

Googleマップで見る
JR阪和線 くめだ駅より 西へ 500m徒歩 約10分)


映像・音響・ネットワーク機器、システムソリューションから、現場施工、保守までお客様のニーズに沿ったトータルソリューション